院長ごあいさつ


 ようこそ、当サイトをご訪問いただきました。 
耳鼻咽喉科サージクリニック老木医院、院長の老木浩之でございます。

 私は、耳鼻咽喉科医として28年、医療に携わって参りました。
その中で残念なことの
1つが、声に対する診療の格差なのです。

 声のかすれの原因となる、声帯ポリープや喉頭癌は、
さすがに地域間、施設間格差はなくなってきていますが、
それ以外の声の異常に関しては、十分な診療が日本全国で
提供できているとは到底、いえません


 例えば、声帯の片方が動かなくなったことによる声の異常、声帯が
やせて年寄りじみた声になる、声が弱々しく、すぐ裏返ってしまう、
など、声のお悩みは様々です。
これらのお悩みは専門的な耳鼻科医療機関で手術などによって
解決できる場合も数多くあります


 ところが、多くの患者さんは、ご自分の声のお悩みが治療によって
解決できることを知らされないまま、あきらめてしまっている場合が
実に多い
のです。それどころか、耳鼻咽喉科医の中でも、
そのお悩みに対して解決できる治療法があることすら
知られていないケースもときに見受けられます


 声のお悩みは、声に関する専門医療を行っている
耳鼻咽喉科でぜひ、ご相談いただきたいと思います。


 当院では主として、喉頭枠組み手術などに取り組み、
音声言語医学会でもご活躍中の田邉牧人副院長
と、
ポリープ様声帯の手術の草分けである米川博士に
直接手術指導を受けた私、老木浩之
が治療を担当しています。


 このサイト、そしてこの私の文書をお読みいただいたことが、
あなたやあなたのご家族の声のお悩みを解消する第一歩
なることを願ってやみません。